キャンピングカーの種類

「キャンピングカー」と言っても、ベースになる車は軽自動車からバスまで様々。内装も、車中泊を楽しむためにマットやカーテンなど、必要最低限のものだけに絞ったタイプや、テーブルやソファを置いた居住性が高いものまであります。それぞれの特徴をチェック!


ハイエースなどのバンタイプの乗用車をベースにした車両を、バンコンバージョン、略してバンコンと呼びます。日本ではキャンピングカーとして一般的な車両です。

居住性については、キャブコン、バスコンにだいぶ劣ります。狭いスペースを有効利用するための設備がありますが、大人数での利用には向きません。

駐車スペースが乗用車と同じですむことや取り回しが楽な点は、バンコンのメリットとなります。

軽トラックや、軽ワゴンなどをキャンピング―に改造したタイプの車両。

車両の取り回し等は他のタイプより格段によく、価格も安いのが魅力。キャンピングカーキットなども発売され、気軽にキャンピングカーライフが始められます。

ただ、軽自動車がベースなので、居住性はよくありません。キャンピングカーとしての十分な設備を希望しているなら事前によく確認が必要です。もっていく荷物の量にも注意。

主にトラックをキャンピングカーに改造したタイプの車両。トラックのエンジンは、運転席の下にあり、そのことを「キャブオーバー」と呼ぶことからキャブオーバーコンバージョン、略して「キャブコン」といいます。

広いスペースに高い天井など、高い居住性が特徴で、大人数での利用も可能です。ただ、ベース車両がトラックであることから、乗り心地の走行性能はバスコンに劣ります。横風に弱く、高速の運転が恐いという意見も。

バスをベースにキャンピングカーに改造したタイプの車両。

高い居住性と走行性能を両立しており、キャンピングカー愛好家の方の憧れの的。シャーシの耐荷重にも余裕があるので、改造の際の設備重量を気にする必要性が少ないことも、高い居住性に寄与してます。

ただ、ベースのバスの車両価格が高いこともあり、高額になる点が難点です。

乗用車に連結して牽引して使用するタイプのキャンピングトレーラー。また、ピックアップトラックなどの荷台に居住用のシェルを着脱するタイプがトラックキャンパー。

居住用のシェルが着脱可能なので、乗用車としての利用とキャンピングカーとしての利用が可能になります。シェル部分が荷物扱いになるので、乗車定員に注意が必要です。また、キャンピングトレーラーについては、その独特な運転感覚に慣れが必要です。

キャンピングカーの中で、最も価格が安く、駐車場などの心配がいらないのが軽キャンパー。そんなに設備が必要ではなく、1人で利用することが多いなら、選択肢の1つになりますね。

ファミリーや団体で利用したいなら、キャブコンやバスコン。
居住性に加えて、安定した走行性も求めるなら、バスコンがピッタリです。

キャンピングカー用語

初めてだと何のことだかさっぱり。分かりにくいキャンピングカー用語用語をまとめてみました。

●シャーシ

車体を支える枠組み

●フルコン

エンジンとシャーシだけの状態から、オルジナルで造り上げたキャンピングカーを、フルコンバージョン(フルコン)と言う。アメリカではクラスAにカテゴライズされる。その大きさから日本での走行には不向き。

●セミフルコン

車両の頭部部分を基礎に、キャンピングカーの居住部分をとなるシェルを架装したのがセミフルコンバージョン(セミフルコン)。

●スライドアウト

車両の一部がスライドするよう設計されていて、停車中、居住空間を広く利用することができる。

●モーターホーム

自走式の大型キャンピングカーのこと。

●クラスA・B・C

アメリカにおけるキャンピングカーの分類。クラスAが最も大きくラグジュアリーな最高クラス。クラスCは中サイズで、日本で言うキャブコンに当たる。クラスBはミニバンやワゴンがベースになる。