バスコンに乗るために必要なもの

バスコンが欲しいけど、今持っている運転免許証で運転できる?他に必要なものはある?
バスコンを所有する際に、気になる点についてチェック。

バスコンの運転免許

マイクロバスをどのように改造するかで、必要な免許が変わります。
今持っている運転免許で運転できるか、さらに、必要な免許を取得するにはどの程度の費用が必要かまとめました。

名義変更に必要な書類

中古バスを購入してキャンピングカーのベースにする場合、名義変更が必要になります。予め必要な書類を確認しておきましょう。

整備管理者定員11人以上のバスは、整備管理者の選任が必要となる場合があります。
バスを改造して特殊用途自動車(キャンピング車)として登録するなら選任は不要となりますが、キャンピング車登録には、就寝設備、水道設備、炊事設備などの設備が必須。設備面積まで細かく決められているので、登録できない場合に備えて、整備管理者についてもチェックしておきましょう。

キャンピング車の登録要件
簡単にまとめると・・・(1) 就寝設備の数は、乗車定員の3分の1以上の、大人用就寝設備を有すること。
(2) 就寝設備は、乗車装置の座席と兼用でないこと。(座席が就寝設備になることを前提につくられたものである場合、兼用できる場合があります)
(3) 水道設備は、10リットル以上の水を貯蔵できるタンク及び洗面台等(水を溜めることができる設備)で、タンクから洗面台等に水を供給できる構造であること。
(4)コンロ等により炊事を行うことができること。換気が行えること。上記の設備面積などにも決まりがあります。以前は、キャンピング車として登録すると、税金優遇の対象になっていたため、このような厳しいルールが設けられました。現在では税金面であまり大きな差はありません。

併せて確認したい、NOx・PM法

自動車NOx・PM法とは、大都市地域における大気汚染対策のため、ディーゼル車から排出される窒素酸化物(NOX)や粒子状物質(PM)の削減を目的として2002年10月に施行された法律です。

この法律により定められた地域(下記参照)では、NOX・PM対策をした車両(規制をクリアしたエンジンを積んでる、もしくは、規制をクリアする排煙装置がついてる)でないと、車両の登録ができません。

中古車両の購入を考えてる場合は、NOX・PM対策がされてる車輌かどうか、確認しましょう。

【NOX・PM法対策地域】

(埼玉県)

上尾市、新座市、入間市、桶川市、春日部市、川口市、川越市、北本市、行田市、久喜市、鴻巣市、越谷市、加須市、熊谷市、さいたま市、坂戸市、幸手市、狭山市、志木市、白岡市、草加市、鶴ヶ島市、所沢市、戸田市、新座市、蓮田市、羽生市、東松山市、日高市、深谷市、富士見市、ふじみ野市、本庄市、三郷市、八潮市、吉川市、和光市、蕨市、伊奈町、上里町、川島町、杉戸町、松伏町、宮代町、三芳町、吉見町

(千葉県)

我孫子市、市川市、市原市、浦安市、柏市、鎌ヶ谷市、佐倉市、白井市、千葉市、流山市、習志野市、野田市、船橋市、松戸市、八千代市、四街道市

(東京都)

東京23区、昭島市、あきる野市、稲城市、青梅市、清瀬市、国立市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、立川市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市、日の出町、瑞穂町

(神奈川県)

厚木市、綾瀬市、伊勢原市、海老名市、小田原市、鎌倉市、川崎市、座間市、逗子市、相模原市、茅ヶ崎市、秦野市、平塚市、藤沢市、三浦市、大和市、横須賀市、横浜市、愛川町、大磯町、大井町、寒川町、中井町、二宮町、葉山町

(愛知県)

あま市、安城市、一宮市、犬山市、岩倉市、大府市、尾張旭市、愛西市、稲沢市、岡崎市、春日井市、蒲郡市、刈谷市、北名古屋市、清須市、江南市、小牧市、瀬戸市、高浜市、知多市、知立市、津島市、東海市、常滑市、豊明市、豊橋市、豊川市、豊田市、長久手市、名古屋市、日進市、西尾市、半田市、碧南市、みよし市、弥富市、阿久比町、大口町、大治町、蟹江町、幸田町、武豊町、東郷町、豊山町、東浦町、扶桑町、飛鳥村

(三重県)

桑名市、鈴鹿市、四日市市、朝日町、川越町、木曽岬町

(大阪府)

池田市、泉大津市、泉佐野市、和泉市、茨木市、大阪狭山市、大阪市、貝塚市、柏原市、交野市、門真市、河内長野市、岸和田市、堺市、四条畷市、吹田市、摂津市、泉南市、大東市、高石市、高石市、高槻市、豊中市、富田林市、寝屋川市、羽曳野市、阪南市、東大阪市、枚方市、藤井寺市、松原市、箕面市、守口市、八尾市、熊取町、島本町、田尻町、忠岡町

(兵庫県)

明石市、芦屋市、尼崎市、伊丹市、加古川市、川西市、神戸市、高砂市、宝塚市、西宮市、姫路市、太子町、播磨町