バスコン・キャンピングカー用語集

バスコン・キャンピングカー用語

8ナンバー

特種用途車両としての構造要件を満たした車両が取得できる、8から始まるナンバー。キャンピングカーの他、救急車、消防車、警察車なども特殊用途車両に該当する。8ナンバーが取得できないバスコンは、2ナンバー(バス)になる。

RVパーク

日本RV協会が認定した車中泊施設。1週間程度の滞在が可能、電源の確保、ゴミ処理、24時間利用可能なトイレなど、快適に安心して車中泊できる条件が揃う。

モータープール

キャンピングカーの保管管理委託制度。モータープールを利用することで、自宅から2km以上離れていても車庫証明が取れる。長さ 5.7 メートル超、幅 1.9 メートル超のキャンピングカー(8ナンバー)のみ対象。

モーターホーム

自走式の大型キャンピングカーのこと。モーターホームはクラスA、クラスB、クラスCの3つに分類される。
モーターホームとバスコンの比較>

クラスA・B・C

アメリカにおけるキャンピングカーの分類。クラスAが最も大きくラグジュアリーな最高クラス。クラスCは中サイズで、日本で言うキャブコンに当たる。クラスBはミニバンやワゴンがベースになる。

フルコンバージョン(フルコン)

エンジンとシャーシだけの状態から、オルジナルで造り上げたキャンピングカーを、フルコンバージョン(フルコン)と言う。アメリカではクラスAにカテゴライズされる。その大きさから日本での走行には不向き。

セミ・フルンコンバージョン(セミフルコン)

ベース車の運転席のみを残してカットした車両に架装したもの。バスコンにもセミフルコンがあり、日本では一番大きなキャンピングカーになる。

キャンピングカービルダー

キャンピングカー製造メーカー

キャビン/コーチ

居住部分のこと

シャーシ

車体を支える枠組み

バスコン・キャンピングカー用語<装備編>

エアサスペンション

エアサスペンション(エアサス)は、荷重に応じて圧力を高めることで、つねに適正な車高保つことができる

FFヒーター

車中泊で活躍する、エンジンを切っても使える暖房機。ガソリンや軽油などの燃料を使用。

インバーター装置

直流電流を交流電流に変換する装置。車の電源は直流なので、車内で電化製品を使う際は、インバーター装置を利用する。

ギャレー

車内の調理場、キッチンのこと。

サイドオーニング

キャンピングカーのサイドに取り付ける、収納式の日よけ。オーニングの下にテーブルやイスを置けば、設営の手間入らずでキャンプが楽しめる。

サブバッテリー

エンジンを動かすメインバッテリーとは別に、車内で電化製品を使用するのに必要なバッテリー。

スライドアウト

車両の一部がスライドするよう設計されていて、停車中、居住空間を広く利用することができる。

ダイネット

ダイニングスペース

バンクベッド

運転席上部にあるベッド、収納スペース

カセットトイレ

タンクが着脱可能な固定式トイレ

ブラックタンク

トイレの汚物タンク

ベンチレーター

換気扇


バスコンコンテンツ

バスコントップページ バスコンとキャブコン(キャンピングカーの種類) バスコンに乗るために必要な運転免許と資格 バスコンを格安に手に入れる方法 バスコンの維持費 バスコン キャンピングカーのメリット・デメリット バスをキャンピングカーに改造する バスコンの使い方 バスコンの設備 バスコン用語集 バスコン駐車場