[観光バス・路線バスの個人所有]

・バスが大好き、一度は所有して運転してみたい
・大きくて、車内が広いキャンピングカーを所有したい
・クラブチームの遠征が多く毎回バスを借りてると遠征費の捻出が大変
様々な理由で「バスを個人所有したい」方がいらっしゃると思います。
そんな方には、『中古バスの達人』がおすすめ!安心な車を安く手に入れられます。

観光バス・路線バスを個人所有したい方は、【中古バスの達人】がお得!

バスを買いたい方

中古バスの達人で取り扱うのは、バス会社が、現在仕事で運行してるバスなので安心。もちろん、購入前に現車確認が可能!

>>バスを探す<<

直接取引だからお得!

バス会社さんから直接、買えます。それにより、余計な中間マージンを排除。中古業者より安い値段で買うことができます。

バスを売りたい方

バスは手元に置いたままでOK。買い手は全国のバス会社!全国1,700社の貸切バス会社ネットワークでチャンスが広がります。

売却の相談はこちら

格安!中古バス物件情報

【中古バスの達人】が選ばれる理由

利用料は売買契約成立時の5万円のみ!

コロナに負けるな!バス会社さん応援キャンペーン中!サイト掲載費等の費用はかかりません

バス好きの助け合いのネットワーク

バスが好きな者同士の信頼関係による直接売買。登録バス会社数、1,700社

しっかりサポートで安心

契約・引渡し・引渡後の塗装確認まで事務局がバッチリサポートします!

バスを個人所有する際に気になる点をまとめ

1)必要な資格

運転免許

バスにかぎらず、車を運転する際に必要ですが、免許の種類で運転できるバスの大きさが変わってきます。

普通免許で運転できる車両

・乗車定員・・・10人以下
・車両総重量・・3.5トン未満(5トン未満、8トン未満)
・最大積載量・・2トン未満(3トン未満、5トン未満)
※2007年6月1日までに取得した普通免許の場合は、総重量、積載量が、8トン未満・5トン未満
※2007年6月2日から2017年3月11日までにした普通免許の場合は、総重量、積載量が、5トン未満・3トン未満

中型免許で運転できる車両

・乗車定員・・・29人以下
・車両総重量・・11トン未満
・最大積載量・・6.5トン未

大型免許で運転できる車両

・乗車定員・・・30人以上
・車両総重量・・11トン以上
・最大積載量・・6.5トン以上

結論

ざっくり考えると

・乗車定員30人以上のバスを運転したい→大型免許
・乗車定員29人以下のバスを運転したい→中型免許
※2007年6月1日までに普通免許を取った方は、定員を10人以下にすれば、マイクロバスの運転も可能
※大型バスの椅子を外して乗車定員を29人にしても、総重量の問題で大型免許が必要です。上記は目安とお考えください。

整備管理者

バスを自家用で所有する場合、「整備管理者」の選任が必要となる場合があります。整備の資格等がない方は、選任の必要のない、定員29人以下のバスがおすすめです。
・乗車定員30人以上のバス・・・必ず選任が必要
・乗車定員29人以下のバス・・・同一の車庫で2台以上所有の場合、選任が必要

「整備管理者」選任資格

整備管理者として選任するためには、次のいずれかの資格要件を満たすことが必要です。
1)自動車整備士(1級、2級、3級)をもっている
2)整備管理対象の自動車と同種類の自動車について点検・整備または整備管理の実務経験を2年以上有し、かつ地方運輸局長が行う研修を修了している
※いずれにしても、専門の学校に通うか、整備工場で1年以上の実務経験が必要となるので大きなハードルです。

「整備管理者」選任手続き

・車庫の住所を管轄する、運輸支局への選任の届出が必要となります。
・選任後も、2年に1回、「整備管理者選任後研修」を受講する必要があります。

車庫証明

乗用車と同様に、ナンバーをもらうのに、車庫証明が必要となります。

注意したいのは、申請した車庫以外の場所にとめておいて「放置駐車違反」に問われた場合は、行政処分だけではなく、刑事罰が問われます。

2)維持費

車検、整備点検

普通自動車・・・2年毎に車検

バス・・・・・・1年毎の車検と、3ヶ月点検

法律により、普通自動車よりこまめに点検、車検をする必要があります。

税金

普通自動車同様に、自動車税、重量税の負担が必要となります。具体的な金額は、用途によるナンバーの種類、排気量等により変わります。

保険

こちらも、普通自動車と同様。

・自賠責保険の価格は、13ヶ月で、17,380円 、12ヶ月で、16,420円。

・任意保険は、保険会社により違いがありますが、自家用バスの保険料は、安めに設定されてることが多いです。

3)購入にあたり注意したい点

NOX・PM法

自動車NOx・PM法とは、大都市地域における大気汚染対策のため、ディーゼル車から排出される窒素酸化物(NOX)や粒子状物質(PM)の削減を目的として2002年10月に施行された法律です。

この法律により定められた地域(下記参照)では、NOX・PM対策をした車両(規制をクリアしたエンジンを積んでる、もしくは、規制をクリアする排煙装置がついてる)でないと、車両の登録ができません。下記地域に車庫をお持ちでバスを探してる方は、気になるバスがNOX・PM対策されてる車輌かどうか、確認の上、問い合わせをしてください。

※中古バスの達人では、車両詳細のページの【NOxPM適合】という欄で確認できます

【NOX・PM法対策地域】

(埼玉県)

上尾市、新座市、入間市、桶川市、春日部市、川口市、川越市、北本市、行田市、久喜市、鴻巣市、越谷市、加須市、熊谷市、さいたま市、坂戸市、幸手市、狭山市、志木市、白岡市、草加市、鶴ヶ島市、所沢市、戸田市、新座市、蓮田市、羽生市、東松山市、日高市、深谷市、富士見市、ふじみ野市、本庄市、三郷市、八潮市、吉川市、和光市、蕨市、伊奈町、上里町、川島町、杉戸町、松伏町、宮代町、三芳町、吉見町

(千葉県)

我孫子市、市川市、市原市、浦安市、柏市、鎌ヶ谷市、佐倉市、白井市、千葉市、流山市、習志野市、野田市、船橋市、松戸市、八千代市、四街道市

(東京都)

東京23区、昭島市、あきる野市、稲城市、青梅市、清瀬市、国立市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、立川市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市、日の出町、瑞穂町

(神奈川県)

厚木市、綾瀬市、伊勢原市、海老名市、小田原市、鎌倉市、川崎市、座間市、逗子市、相模原市、茅ヶ崎市、秦野市、平塚市、藤沢市、三浦市、大和市、横須賀市、横浜市、愛川町、大磯町、大井町、寒川町、中井町、二宮町、葉山町

(愛知県)

あま市、安城市、一宮市、犬山市、岩倉市、大府市、尾張旭市、愛西市、稲沢市、岡崎市、春日井市、蒲郡市、刈谷市、北名古屋市、清須市、江南市、小牧市、瀬戸市、高浜市、知多市、知立市、津島市、東海市、常滑市、豊明市、豊橋市、豊川市、豊田市、長久手市、名古屋市、日進市、西尾市、半田市、碧南市、みよし市、弥富市、阿久比町、大口町、大治町、蟹江町、幸田町、武豊町、東郷町、豊山町、東浦町、扶桑町、飛鳥村

(三重県)

桑名市、鈴鹿市、四日市市、朝日町、川越町、木曽岬町

(大阪府)

池田市、泉大津市、泉佐野市、和泉市、茨木市、大阪狭山市、大阪市、貝塚市、柏原市、交野市、門真市、河内長野市、岸和田市、堺市、四条畷市、吹田市、摂津市、泉南市、大東市、高石市、高石市、高槻市、豊中市、富田林市、寝屋川市、羽曳野市、阪南市、東大阪市、枚方市、藤井寺市、松原市、箕面市、守口市、八尾市、熊取町、島本町、田尻町、忠岡町

(兵庫県)

明石市、芦屋市、尼崎市、伊丹市、加古川市、川西市、神戸市、高砂市、宝塚市、西宮市、姫路市、太子町、播磨町

【中古バスの達人】なら、全国のバス会社のネットワークから掘り出し物が見つかる!

問合せ先:050-1745-9230 新谷(しんがい)まで、お気軽にお問合せください