はじめてのバスの個人所有!気になる点まとめ

「大好きなバスで旅行したい!」「あこがれのバスコンを手に入れいたい!」「バスを購入して安く自由に遠征に行きたい!」などバスの個人所有を検討されてる方に、乗用車との違いを中心に、気になる点、注意したい点をまとめました。

1。事前に準備したいこと

2。購入の際注意したいこと

3。維持費

の順で解説していきます。

1:事前に準備したいこと

運転免許

バスにかぎらず、車を運転する際に必要ですが、免許の種類で運転できるバスの大きさが変わってきます。乱暴にまとめると

・乗車定員30人以上のバスを運転したい→大型免許
・乗車定員29人以下のバスを運転したい→中型免許

キャンピングカーなどは、バスの定員を少なくすることで、普通免許で運転できるものもあります。バスの使用目的を考えて事前に必要な運転免許を準備しましょう。

整備管理者

バスを所有する際に、整備管理者を選任して運輸局に届け出る必要があるケースがあります。バスは、専門的な整備が必要で、事故を起こした際に重大な事故になる可能性が高いからです。

〇どんな場合?

「乗車定員30人以上のバス」を所有する、もしくは、

乗車定員29人以下のバスを「同じ車庫」で「2台以上」所有する際に、選任が必要です。

整備管理者が、なぜ問題になるかというと、整備管理者になるには、整備の実務経験が必要なので、一般の方が資格取得するのは難しいです。これが理由で、バスの個人所有が実質的に無理という方もいます。

ただ、そもそも選任の必要のない、乗車定員29人以下のバスを購入すれば問題になりませんし、自家用の場合には、外部委託をすることができますので、整備工場等に相談して、整備管理者になってもらうことも可能です。

結果、バスを個人所有する際のハードルにはなりません。ちょっと手続きが必要になるケースがある、とお考えください。

車庫

乗用車と同様に、ナンバーをもらうのに、車庫証明が必要となります。当然バスの場合は広いスペースが必要です。

車庫証明の所得手続きは、乗用車と一緒で、車庫の住所を管轄してる警察署に届け出をして証明書を発行してもらいます。

キャンピングカーの場合は、自宅周辺に駐車スペースがなくても専用のモータープールを借りることで、車庫証明を取得することができます。

整備工場

こちらは、必須ではないですが、購入後に、点検・整備・修理等で相談できる整備工場を近くて見つけておきたいところです。

中古車で購入してもメーカーの整備工場でお願いすることも可能です。安心でもあります。

ですが、どうしても、新車購入してくれたり、多くの台数を所有してるバス事業者やトラック事業者を優先されてしまい、時間も費用も必要以上にかかることが多いそうです。

フットワークの軽い、費用をおさえられる工場を探す場合は、知り合いのトラック事業者、バス会社の営業担当など、大型車両を使用してる方に、依頼してる整備工場を紹介してもらったりしてください。実績も技術もある工場を紹介してもらえます。

整備管理者が必要な場合は、委託のお願いもしてみましょう。

購入前にレンタルしてみよう

「普段は乗用車しかのってない」「免許はとったものの、大型車についてはペーパーです」などの場合は、レンタカーで練習してみてはいかがでしょうか。

・マイクロバスは、大手のレンタカー会社で借りれます。

・キャンピングカーは、キャンピングカー専門のレンタカー会社があります。

・マイクロバスより大きいバスを借りたい場合は、レンタカーはございません(法律で禁止)ので、代わりにトラックを借りて、運転の練習をしてみましょう。

2:購入の際、注意をしたいこと

取り引き形態

バスを購入する際、一番注意したいのが、中古車の取引形態についてです。一般的な中古バスの売買のルールを説明します。乗用車の場合とはかなり違うので注意が必要です。

現状渡し

中古の乗用車を購入するときには、購入後の故障・修理への保証がついてますが、バスの中古売買の場合は、保証はありません。「現状渡し」と言います。

購入した翌日に故障したとしても、修理の費用は、買われた方が持つことになります。買う人には、バスや人の目利きを求められます。バスに詳しい整備工場の人に、一緒に車両確認に行ってもらう方もいます。

そこで、中古バスの達人では、主に、バス会社さんが運行してるバスをご紹介してます。貸切の仕事でお客様を乗せて運行してるバスですので、購入いただく際に安心して購入いただけます。

車両の引渡し場所

乗用車の場合は、購入した店舗の方が自宅まで納車してくれますが、バスの売買の場合は、売主さんの車庫(店舗)まで買主さんが車両を取りに行き、乗って帰ってくる必要があります。

当然、その際の費用(移動の交通費や帰りの高速代・燃料代等)も追加でかかることになるので、注意が必要です。

購入後にやること

車両を持ってきても、まだ終わりません。塗装の変更と名義変更をする必要があります。もちろん費用は買主さん持ちです。

塗装の変更

・購入した車両の塗装がバス会社さんが使ってたままの場合、買った方が再塗装をする必要があります。この際、確認して欲しいのが、全塗装になるのか、カッティングシールを剥がすだけでいいのか、です。かかる費用が大きく変わります。全塗装の場合は、頼む業者さんにもよりますが、60~100万。シールを剥がすだけであれば、業者に頼んで、10万弱、がんばればご自分でも剥がせます。

名義変更

・車庫証明を取った車庫を管轄する陸運局に、車両と購入の際にもらった書類と車庫証明を持っていきます。あとは手続きをすれば、終わりです。陸運局で、変更後の新しいナンバーも付けてもらえます。

名義変更に必要な書類の詳細はこちら

・車検は、前オーナーの車検の期間をそのまま引き継げるので、前回の車検から1年後までは、新たに車検を受けずにそのまま使うことができます。

参考:中古バスの価格の底値

現実的な中古バスの底値についてご案内します。

・バスを登録しない(運転しない)用途であっても、30万円+『設置場所への輸送費』

・運転する場合は、上記+『登録にかかる費用(車検代、登録代等)およそ20万~30万円』

専門の買取業者さんに、不動のバスであっても20万円位では売れるからです。買い取り業者は、購入したバスをばらして部品で販売したり(輸出したり)、部品で売れないものは、鉄として販売したりして利益を出してます。

ということで、運転しない場合は、50万円程度、登録して運転する場合は、100万程度、予算を用意して欲しいところです。

車検の切れた車両を購入する場合

車検が切れた車両を購入した場合に注意したい点が、1)仮ナンバーが必要になる点、と、2)購入後車検を受ける必要がある点、です。

仮ナンバー

車検が切れた車両を購入した場合、そのままでは、引渡し後、車両を動かすことができずに、売主さんの車庫(店舗)から持って帰ることができません。その際、必要になるのが、「仮ナンバー」です。

・仮ナンバーは、市区町村役場で発行してもらえます。

・仮ナンバーの取得に必要なのは、購入するバスの車検証(または、一時抹消証明書)と自賠責保険に加入したことの証明書です。

手続きの流れ

1)買主さんが自賠責保険に入る(売主さんが加入した保険が残ってる場合は不要)。

※保険屋さんに相談しましょう。

2)最寄りの市区町村役場に行き、書類を提出して仮ナンバーを発行してもらう。

3)車両の引取りに行く際、仮ナンバーを持っていく。

4)売主さんの車庫でバスに、仮ナンバーをつけ、乗って帰る。

5)自宅等に着いたら、バスから仮ナンバーを外す。

6)仮ナンバーを、発行してもらった役場に返却する。

※売主さん(店舗)の最寄りの役場で、仮ナンバーの取得をすることも可能ですが、返却の手間等をかんがえると、買主さんの最寄りの役所で取得する方が、おすすめです。

購入後、車検を受ける

車検が切れたままでは、登録ができずにナンバーがもらえないので、車検を受け、登録するする必要があります。購入する車両が、一時抹消登録をしてるか、してないかで、手続きに大きな違いがあります。

一時抹消をしてない場合

車検の期日が来ても新たに車検を受けずに、そのままにしてる状態の車両です。陸運局に登録されたままになってるので、自動車税の納付義務はありますが、あえてその状態にしたままの車両です。

車検が切れた状態なので、名義変更の手続きの前に車検を受ける必要がありますが、この際の車検は、通常1年毎に受ける「継続車検(継続検査)」で大丈夫です。

車検を受けて必要書類をそろえ、陸運局で名義変更をすれば、新しいナンバーがもらえます。

一時抹消をしてる場合

前所有者が、陸運局で、一時抹消の手続きを行ってるケースです。この場合の車検は、「新規車検(新規検査)」となります。

この場合、以前の基準では車検が取れたけど今の車検の基準だと車検が通らない、車検が通せるが費用と時間が膨大にかかる、等のケースが考えられます。特に年式の古いバスを購入する際は注意が必要です。

ただし、一時抹消してる場合でも、「予備検」がついてるものは、そのまま、陸運局で名義変更の手続きをし新しいナンバーをもらえます。この場合は、新たに車検を受ける必要はありません。

実車確認の際に注意したいこと

・バスの下回りのチェックをしましょう。

特に、腐食やサビのチェックをしましょう。年式が古い車輌は特に注意です。状態がひどいものは、車検が通らないケースもあるため、購入したはいいが、乗れない、というケースも考えられます。そんなことにならないように、購入前に必ずチェックしましょう。

・エアコンの状態を確認しましょう。

エアコンは、購入後故障すると修理費が高いケースが多いです。実際にエンジンをかけてエアコンの動作確認をしましょう。

・売主さんがバス会社さんの場合は、使用状況、保管状況を聞いてみましょう。

・売主さんが中古屋さんの場合は、前のオーナーがどんな人か聞きましょう。その際、留意したいのは、バスの使用頻度。頻度が高い方がよいです。

バスは、動かすことで不具合の発生確率が下がると言われてます。ちなみに、多くのバス会社さんは、長く稼働しないバスがあった場合、仕事がなくても、定期的にドライブしたり、エンジンをかけたりしてます。

・購入後の再塗装が必要かは、必ず確認しましょう。費用が大きく変わります。

自動車NOX・PM法

購入後にバスを保管する車庫が都市部にある場合には、NOX・PM法への注意が必要です。

自動車NOx・PM法とは、大都市地域における大気汚染対策のため、ディーゼル車から排出される窒素酸化物(NOX)や粒子状物質(PM)の削減を目的として2002年10月に施行された法律です。

この法律により定められた地域(下記参照)では、NOX・PM対策をした車両(規制をクリアしたエンジンを積んでる、もしくは、規制をクリアする排煙装置がついてる)でないと、車両の登録ができません。下記地域に車庫をお持ちでバスを探してる方は、気になるバスがNOX・PM法に適合した車輌かどうか、確認して購入しないと購入したバスが登録できず、ナンバーがもらえないということになりかねません。

※中古バスの達人では、車両詳細のページの【NOXPM適合】という欄で確認できます

【NOX・PM法対策地域】

【埼玉県】

上尾市、新座市、入間市、桶川市、春日部市、川口市、川越市、北本市、行田市、久喜市、鴻巣市、越谷市、加須市、熊谷市、さいたま市、坂戸市、幸手市、狭山市、志木市、白岡市、草加市、鶴ヶ島市、所沢市、戸田市、新座市、蓮田市、羽生市、東松山市、日高市、深谷市、富士見市、ふじみ野市、本庄市、三郷市、八潮市、吉川市、和光市、蕨市、伊奈町、上里町、川島町、杉戸町、松伏町、宮代町、三芳町、吉見町

【千葉県】

我孫子市、市川市、市原市、浦安市、柏市、鎌ヶ谷市、佐倉市、白井市、千葉市、流山市、習志野市、野田市、船橋市、松戸市、八千代市、四街道市

【東京都】

東京23区、昭島市、あきる野市、稲城市、青梅市、清瀬市、国立市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、立川市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市、日の出町、瑞穂町

【神奈川県】

厚木市、綾瀬市、伊勢原市、海老名市、小田原市、鎌倉市、川崎市、座間市、逗子市、相模原市、茅ヶ崎市、秦野市、平塚市、藤沢市、三浦市、大和市、横須賀市、横浜市、愛川町、大磯町、大井町、寒川町、中井町、二宮町、葉山町

【愛知県】

あま市、安城市、一宮市、犬山市、岩倉市、大府市、尾張旭市、愛西市、稲沢市、岡崎市、春日井市、蒲郡市、刈谷市、北名古屋市、清須市、江南市、小牧市、瀬戸市、高浜市、知多市、知立市、津島市、東海市、常滑市、豊明市、豊橋市、豊川市、豊田市、長久手市、名古屋市、日進市、西尾市、半田市、碧南市、みよし市、弥富市、阿久比町、大口町、大治町、蟹江町、幸田町、武豊町、東郷町、豊山町、東浦町、扶桑町、飛鳥村

【三重県】

桑名市、鈴鹿市、四日市市、朝日町、川越町、木曽岬町

【大阪府】

池田市、泉大津市、泉佐野市、和泉市、茨木市、大阪狭山市、大阪市、貝塚市、柏原市、交野市、門真市、河内長野市、岸和田市、堺市、四条畷市、吹田市、摂津市、泉南市、大東市、高石市、高石市、高槻市、豊中市、富田林市、寝屋川市、羽曳野市、阪南市、東大阪市、枚方市、藤井寺市、松原市、箕面市、守口市、八尾市、熊取町、島本町、田尻町、忠岡町

【兵庫県】

明石市、芦屋市、尼崎市、伊丹市、加古川市、川西市、神戸市、高砂市、宝塚市、西宮市、姫路市、太子町、播磨町

3)維持費

車検、整備点検

車検

基本、バスの場合、1年毎の車検が必要になります。

バスを改造して、事務所車やキャンピングカーとして登録した場合は、2年毎の車検です。

1回の車検にかかる費用ですは、特に大きな修理がない場合、重量税等諸費用込みで、20~30万円ほどです。

定期点検整備

道路運送車両法上、決められてる定期点検整備の期間は、バスの場合は3ヶ月毎になります。車両の維持管理という意味で、3ヶ月毎に行うことが望ましいです。できたら、バスに詳しい整備工場で定期的に行いたいところです。

しかし、整備管理者の選任が必要ない場合は、行わなくても、特に罰則はありません。

※整備管理者の選任が必要ない場合とは、

・・・バスの定員が29人以下、かつ、車庫証明の場所で2台以上のバスを登録してない。

税金

普通自動車同様に、自動車税の負担が必要となります。具体的な金額は、用途によるナンバーの種類、排気量等により変わります。

自動車税

・年1回、5月31日までに納める必要があります。

・金額(目安)

定員30人以下・・・36,300円  定員31~40人・・・45,100円

定員41~50人・・・53,900円  定員51~60人・・・62,700円

キャンピングカー登録

マイクロバスベース・・58,500円  大型バス・中型バスベース・・97,600円

事務室車登録・・・15,900円

保険

こちらも、普通自動車と同様。

・自賠責保険の価格は、13ヶ月で、17,380円 、12ヶ月で、16,420円。

・任意保険は、保険会社により違いがありますが、自家用バスの保険料は、安めに設定されてることが多いです。

燃費

大きさ、年式、走行条件等にもよりますが、目安としては、3~8K/L。

高速代

高速代には、車種区分というのがあり、それぞれの区分で料金が変わります。区分としては、軽自動車等、普通車、中型車、大型車、特大車、とあります。バスの大きさごとの料金区分は以下のとおり。

・コミューター、マイクロバス、小型バス・・・・中型車

・中型バス(乗車定員29人以下)・・・・・・・・大型車

・中型バス(乗車定員30人以上)、大型バス・・・特大車

・キャンピングカー登録した車両・・・・・・・・普通車

参考:東京IC→なんばICの料金の違い(21.06.17時点、通常料金)

・普通車、キャンピングカー・・・・・・・・・・・13,910円

・中型バス(乗車定員29人以下)・・・・・・・・・16,390円

・中型バス(乗車定員30人以上)、大型バス・・・・22,580円

・中型バス(乗車定員30人以上)、大型バス・・・・36,330円

【中古バスの達人】なら、全国のバス会社のネットワークから掘り出し物が見つかる!

問合せ先:050-1745-9230 新谷(しんがい)まで、お気軽にお問合せください